ITアシストコム株式会社

  1. Home>
  2. 電磁場解析ソフト(電磁界シミュレータ)コンシェルジュ >
  3. スライドインタフェース

スライドインターフェイス

スライドインターフェイス

スライドインターフェイスは、スライドさせた非適合メッシュがある場合にも解析
を可能にする方法です。
隣り合った対象を移動させながら解析することができ、移動による変化を表示
させることが可能になっています。

スライドインターフェイス

<図1>

スライドインターフェイスの改良

<図1>のΦ5~Φ8とΦ9~Φ12の間の計算手法を改良しました。

スライドインターフェイスの改良

スライドインターフェイスの高速化

<図2>のように計算手法を改良した結果、解析の計算に要する時間は極めて
短縮され、高速化が達成されました。

様々なモデルにおける解析所要時間の比較(単位:秒)

旧スライドインターフェイス 新スライドインターフェイス
簡単な3D回転(1) 8.5  1.2
簡単な3D回転(2) 44.4 7.5
簡易スキュー 302.5 32.6

また、2次元モータの解析における具体例を下にしめしています。

2次元モータの解析例

スライドインターフェイス搭載モジュール

PHOTO-Series Ver.6.0では、スライドインターフェイスがPHOTO-MOTION
のみの機能から多くのモジュールへ拡張されました。

PHOTO-THERMO
PHOTO-EDDY
PHOTO-EDDYjω
PHOTO-MAG
PHOTO-WAVEjω
PHOTO-VOLT
PHOTO-VOLTjω
PHOTO-VOLTST

スライドインターフェイスの使用例

モータの解析例-1(2次元:磁力線図)

モータの解析例-2(2次元:磁力線図)

モータの解析例(3次元:磁場ベクトル図)

   

誘導機の解析例

ページトップへ