1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 熱伝導解コンシェルジュ>
  4. 流体解析  Femap / Flow

流体解析ソフトウェア Femap/Flow

室内の空調解析

Femap/Flow

流体解析ソフトウェア Femap/Flow 室内の空調解析

製品概要

Femap Flowは、汎用有限要素法プリ・ポストプロセッサFemap専用に開発された有限体積法を用いた3次元数値流体解析プログラムです。
軽快で操作性にすぐれたプリ・ポストプロセッサFemapとシームレスに結合し、CADデータからの解析モデル作成、解析条件の設定、解析、ポスト処理の一連の解析作業をストレスなく行なうことができます。
Femap Flowは、Navier-Stokes方程式の数値解法による定常/非定常状態の流速・温度・圧力を求めることができます。また、Femap Flowは、リーズナブルな価格ながら、層流/乱流、非圧縮/音速 レベルの圧縮流体、自然対流/強制対流、ニュートン流体/非ニュートン流体と多くの解析機能を取り揃えています。
Femap/Flowは、元々、I-deasのESC(Electric System Cooling)の サブセットです。
Femap Flowは単体でご利用いただくことも、Femap ThermalFemap Advanced Thermalと組み合わせてご利用いただくこともできます。Femap Thermal、Femap Advanced Thermalと組み合わせると、熱と流体を連成させた熱流体解析が可能になり、より幅広い分野でご利用いただけます。

特  長

  • 定常と過渡解析が可能
  • 音速(マッハ4まで)の液相、気相の流体に関して、粘性と圧縮性を考慮した解析が可能
  • ニュートン流体と非ニュートン流体のモデル化が可能
  • 乱流、層流のモデル化。
    乱流モデルとして、FTVモデル、Mixing Length モデル、K-εモデルが利用可能
  • 流体の浮力を考慮し、自然対流のみでもあるいは強制対流と同時に解析可能
  • 対称面、並進/回転境界面をモデル化
  • 複数の回転基準系(Rotating Frame of Reference)での解析が可能
  • 並進/回転に関する周期境界面をモデル化
  • ファン/ベントの平行流れ、回転流れ、ルーバ効果をモデル化。圧力損失も考慮することが可能。
  • ファンは流路中でも、境界面でも定義することが可能。ファンの性能曲線も定義可能
  • 圧力損失を考慮したスクリーン、フィルタをモデル化。また、等方性/異方性の多孔質体をモデル化も可能。
  • 独立した複数の領域を取り扱うことができ、それぞれの領域に異なる流体特性を定義することが可能
  • 水蒸気の動きや、分散体などの流体中の動きをモデル化
  • アセンブリモデルなどで、流体メッシュが一致していなくても、境界面が同一面上にあれば1つの領域として、接続することが可能
  • 出力したい結果を選択することができ、出力された結果は、Femapでポスト処理が可能
  • Femap/Flow と Femap/Thermal 製品との組み合わせによる機能一覧
製    品    名
機     能 Flow Flow + TThermal Thermal Flow +
Advanced Thermal
定常/非定常流れ
流体計算による自然対流
熱解析と流体解析の連成
伝熱工学計算による自然対流
輻射・熱伝達等の熱荷重境界条件
フローネットワークとの連成

○ : 機能を搭載   ◎ : より高度な機能を搭載  - : 機能は使用できません

流体解析ソフトウェア Femap/Flow 流体解析ソフトウェア Femap/Flow

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ