1. Home>
  2. 製品情報>
  3. ミッドレンジ3次元CADソフトウェア Solid Edge

ミッドレンジ3次元CADソフトウェア Solid Edge

3次元CADソフトウェア Solid Edge

製品概要

Solid Edgeは、Synchronous Technology(シンクロナス・テクノロジ)という、これからの3D CAD 業界標準となるような強力な機能を搭載し、Solid Edgeは全く新しいコンセプトのCADに生まれ変わりました。

Synchronous Technology(シンクロナス・テクノロジ)

Solid Edge STはシンクロナス・テクノロジにより、ノンヒストリ型のスピード、柔軟性とフィーチャーパラメトリック型の管理能力、パラメトリック設計とを高い次元で融合した全く新しいコンセプトのCADといえます。

基本機能

  • シンクロナス・テクノロジがもたらす直感的な超高速モデリング
  • フィーチャの作成順序は後の編集に全く影響を与えないので、事前準備の必要がなく、直感的に自由にモデリングを進めることができます。
  • 結果として作業スピードが飛躍的に向上し、業界最高のCPM(モデル単価)を実現しています。
  • 必要であれば3D駆動寸法で設計意図を確実に反映することもでき自動化されたパラメトリック設計も行うこともできます。

シンクロナス・テクノロジがもたらす直感的な超高速モデリング

  • 柔軟な編集作業により設計変更や繰り返し検討を超高速化
  • フィーチャ間の関係を気にすることなく、誰が作成したモデルでも、対象部位だけを簡単に編集することができ、かつフィーチャの再計算を必要としないので、超高速作業が可能です。
  • 「ライブ・ルール」により編集対象に対してその都度位置的に関係がある(同一面上、接線接続、同心、水平・垂直、対称など)部分が自動認識され、関係を保ったまま変更が簡単に行えます。

柔軟な編集作業により設計変更や繰り返し検討を超高速化

  • ドラッグするだけで形状を簡単に変更することができ、寸法を正確に設定する必要がある場合は、3D駆動寸法をモデルに後付けしそこから形状を正確に変更することができます。
  • 幾何拘束もモデルに直接追加・保存することができるので、設計意図を正確に反映することができます。

柔軟な編集作業により設計変更や繰り返し検討を超高速化

  • 外部CADデータも高速編集
  • 外部CADデータも一度取り込んでしまえば、ネイティブ・データと同様に高速編集することができます。
  • Femapとの連携
  • 先進の有限要素法プリポストプロセッサFemapと有効に連携させ、品質の高いメッシュを効率的に作成することができるので、解析業務の生産性向上を図ることができます。

Femapとの連携

Solid Edge ST 動作環境へ

3d-CAD/CAE連携ソリューションへ

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ