1. Home>
  2. ITソリューション>
  3. 超高速ストレージシステム コンシェルジュ>
  4. 超高速ストレージシステム製品概要>
  5. 超高速ストレージシステム 導入事例

導 入 事 例

大規模CAEソリューション例

大規模CAEソリューション

 SMP/DMPによる高速化においては、各プロセッサ間にI/Oが発生するため、従来以上に高速ディスクI/Oが必要となります。

 InfiniBand I/Fにより、SolidPOWER7000の最大パワーを引き出すことが可能です。

 Blade サーバが一台故障しても、共有ディスクのため、ただちに別サーバから同一ディスク領域をアクセス可能です。

 適用例

  • HPC (High Performance Computing)
  • 各種解析 (Disk I/Oに依存)
  • 振動解析 (NASTRAN, MARC, ANSYS等)
  • エンジンの熱応力解析 (ABQUS等)

ABAQUS ベンチマーク

前提: 公開されたデータ(s4b.inp)を使用。

通常はメモリ内で実行するべきであるが、ディスクI/Oまで行かないため、故意にメモリを制限してI/Oを発生させて計測した。

JOB数による処理時間:Elapse Time(hour) (メモリ 48GB:各JOBあたり 4.8GBに制限)

単位:時間

  SolidPOWER + HP HP Blade Server + Storage
サーバー台数
DISK HDD HDD HDD 内蔵SSD x 2
1 job 1.86 1.86 1.86 1.86
2 jobs 2.24 1.86 - -
4 jobs 2.58 2.30 3.57 1.90
8 jobs 2.90 2.61 7.00 2.34

大規模CAE事例

SolidPOWER7000シリーズのベンチマークテストはこちらへ SolidPOWER7000シリーズのベンチマークテストをご希望の方はこちら

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ