1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. マイクロ波加熱解析コンシェルジュ>
  4. マイクロ波加熱の原理


マイクロ波加熱の原理

誘電体にマイクロ波を照射すると、誘電体は電気双極子なので、マイクロ波の周波数と同じ速さで、電場の変化に合わせて分極方向を変化させます。

この時、速い速度(高い周波数)で電界の向きを変化させると、双極子は反転する時に周囲の分子との間で摩擦を受け、電界の変化の速度に追従できなくなります。

その結果、摩擦によるエネルギーが誘電体内部で消費され、それが誘電体内部で熱に変わります(誘電損失)。

誘電分極   マイクロ波加熱の原理

この誘電発熱が起こる原理を技術的な観点から簡単に説明します。
図1ような簡単な誘電加熱モデルを想定し、交流電圧 [E ] を印可すると、理想的な誘電体では、[ I = E× 2πfC ] の電流[I]が流れ、電流[I]の位相は電圧 [ E ] に対して [ 90 ] 度進みます(図2)。




図1
 

図2

しかし、実際の誘電体に高周波電流を印可するとロスが発生し、電流は [ δ] だけ遅れ、図3のように [ θ ] だけしか進むことができず、電圧 [ E ] と同位相の電流[ IR ]が発生します。
この[ IR ]は、[ P = IR x E]の発熱作用を発生させます。
この時の電流位相の遅れ角[δ]は誘電損失角、[ tanδ = IR/IC = 1/2πfCR ] は誘電正接 ( タンデルタ/Tanδ ) と呼ばれ、誘電体はそれぞれ固有の値を持っています。
この図3の状態を等価回路で表わすと図4のようになります。



図3
 


図4

ここで、図1の誘電体の比誘電率[εr]、電極の面積[ S (m2)]、電極の間隔 [ d (m)]、周波数 [ f (Hz) ]、電圧 [ E (V) ]とすると、この誘電体モデルの静電容量 [ C ] は、C = (ε0 x εr x S )/d となります。
発熱量 P は [ P = IR x E = E2/R ]、また、 [ tanδ = IR /IC = 1/2πfCR ] が成り立っていますので、P = E2/R = E2 x tanδx 2πfC = E2 x tanδx 2πf x (ε0 x εrx S )/dとなり、発熱量 P は、電圧 ( E ) の2乗、tanδ、周波数 [ f ]、誘電体の比誘電率 [εr ]に比例することがわかります。

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ