1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 熱流体解析コンシェルジュ

熱流体解析ソリューション

熱流体解析パッケージ

Femap/Thermal/FlowFemap/Thermal/Flow

Femap/Thermal/FlowFloEFD for Solid Edge

熱流体解析モジュールには、メッシュモデルベースのFemap/Thermal/FlowとCADベースのFloEFDがあります。
熱流体解析モジュールFemap/Thermal/Flowは、解析対象/目的に応じてメッシュモデルの品質をコントロールし、解析を行います。したがって、解析モデルの作成に時間と手間がかかりますが、目的に応じた解析結果が期待できます。
計算はThermalFlowで通信しながら行われるので、計算収束性が高く、高度な計算にも対応できます。
FlowはThermalと連携し、ナビエースト-クス方程式の数値解法による自然/強制対流を加味した高度な熱流体解析ができます。

Thermalによる熱伝導解析の結果   Flowによる流体解析の実施例

「Thermal」による熱伝導解析の結果から「Flow」による流体解析の実施例

熱交換器の熱流体解析事例

熱交換器の熱流体解析事例

熱流体解析ソフトウェアFloEFDは、「熱」と「流れ」をSolid Edgeの中で可視化するツールです。
従来は解析の専門家に任せていたCFD(数値流体力学)解析が、設計者のデスクトップで手軽に行えるようになりました。設計者がトライ&エラーを行う「フロントローディング」により、後工程で発生するリスクを大幅に減らせます。

<特長>

  • 独自の使いやすさで、短期間で習得できます。
  • Solid Edge環境で解析できるので、データ変換は不要です。
  • 設計変更に解析が自動追従。解析モデルの換作り直しはいりません。
  • 自動かつ高速なメッシング(Smart CellTM テクノロジー)
  • 独特のソルバ技術で高精度な解を高速に算出します。
  • 強力なパラメトリックスタディ機能と、結果の比較機能で What-if 分析を手軽に行えます。

1980年代に開発されたFloEFDの基本技術は、世界中の設計者・開発者に磨かれ、定評ある「設計者CFD」に進化してきました。その高性能と使いやすさをそのままSolid Edgeユーザーにお届けします。

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ