ITアシストコム株式会社

  1. Home>
  2. ITアシストCAE>
  3. 超高速ストレージシステム コンシェルジュ


コンシェルジュ

PCでCPUの性能は格段に飛躍し、大規模なモデルの計算が可能となりました。

しかし、データの入出力を担うストレージシステムは、ディスクドライブ自体がそれほど高速化を実現できておりませんので、ディスクアレイを構成したとしてもモデルの大規模化に見合うだけの入出力性能を
実現できておりません。

したがって、シミュレーション対象のモデルが大規模になるほど、ストレージシステムの入出力性能がシステム全体のボトルネックになってしまいます。

従来の大容量ストレージシステム

従来の大容量ストレージシステム

ストレージシステムの入出力性能がシステム全体のボトルネックになることを防ぐ方法として、従来の大容量ストレージシステムの代わりに大容量高速ストレージシステムを使用する方法があります。

ここでご紹介いたします大容量高速ストレージシステム[SolidPOWER 7000]は、先代の[RAID-7]のコア技術となっています、「非同期データ転送」、「パラレル処理」、「仮想化技術」を継承し、超高速処理を実現した画期的なストレージシステムです。

大容量高速ストレージシステム

大容量高速ストレージシステム

超高速ストレージシステム製品概要はこちらからご覧ください

超高速ストレージシステム 導入事例はこちらからご覧ください

※ 各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ